機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2010年 5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

転換訓練 ~関鉄体験運転‐運転士編2‐~

ハイテクが先だと、アナログの良さ
よりも、不便さがどうしても際立っ
てしまいます。

関体 キハ350

ブレーキハンドルとずんぐりした
スパナ型の切替ハンドルをで、運転
整備を行い、ブレーキ位置の説明を
指導さんから受けます。これはロク
サンと勝手同じでしたが、初めて方
は「常用」と「非常」の間の感覚が
が難しいようで、非常ブレーキで
止まってしまう方がちらほらと・・・
それもここの名物らしいので、ち
ゃんと社員さんから前説がありまし
た。

戸じめヨシ!発車、ノッチアップし
てゆくとエンジンの回転は上がるの
ですが、思ったより加速が遅く3ノ
ッチでかなり引っ張って、やっと15
キロになりノッチオフすると、すぐ
に停目、ちょと150メーター間じゃ
物足りません。

関体 自動ブレーキ

「一段制動階段ユルメ」がブレーキ
の基本、直感でブレーキを掛けたの
ですが、ブレーキのストロークが
約90度あるので、忙しくもありまし
た。

一巡すると、噂の「おかわりタイム」
もう一度運転でき、さっきよりは手際
良くなったものの、上手くなりたい
欲が大きくなってしまいました。


こうして甲種内燃動車の証明書を
取得する事ができました。毎回
くれるそうなので何枚貯まること
やら?


'10.05.09 乗務
63乗務日誌 | 投稿者 機関士魂 18:45 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]