機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2006年 12月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

19回目乗務

今年最後の体験運転をクリスマスに行った。

クリスマス

身に凍みるような寒さでは無いが、寒がりの私は防寒
はしっかりと行い運転準備に入る。

講習のときに教わる、0.3や0.6という数字も回数を重
ねて覚えた感覚で、今日のブレーキ具合をなんとなく
確認出来るようになった気がする。

今回は24号機だったが、振り返るとちょうど半々で
25号機にも乗務している。ひとによっては、どちら
かに偏ってしまう場合もあるらしい。

63ナンバー

今回は登り坂で、走行を堪能したかったので停止目標
までノンストップで走らせる、そして、指導さんに教
わったノッチオフで停めてみた。

体験運転線の勾配はちょうど3ノッチで、モーターの
進む力とロクサンが坂を下ろうとする力が釣合うわけ
だが、ノッチ戻しが遅すぎて失速し、右手を自弁にも
って行く頃には、ロクサンが下がり始めてしまい、す
ぐ減圧して停めた。
かなり焦ったが、身をもってそのことを感じた。

下り坂は、ひたすら単弁練習だ、そろそろ体が覚えて
コツを掴んだようで、楽しいくらいにすんなり思った
所で停止できた。

最後の鬼門、お立ち台合わせも、制輪子と車輪が擦れる
所まで減圧して、引き付けて、停止目標が流れるのを目
で追いながら一気にブレーキを掛けて掃ったら、ドンピ
シャだった。

指導さんにも褒めて頂いて嬉しくなってしまい、19セイコー
が時計置きに納まったまま降車してしまった。
大事にしてる鉄道時計なのに良く忘れるが、失くさないだけ
まだましなのかもしれない。

鉄道文化むらに入り浸っていると、飽きてきそうなモノ
だが、洗浄ボランティアに参加しているせいか、つい
気になって磨いたところがどうなっているか見に行って
しまう。

ウサギ

帰りの列車の時刻まで園内を散歩し、ウサギと戯れて横川
を後にした。






63乗務日誌 | 投稿者 機関士魂 20:39 | コメント(0)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
この記事へのコメントはありません。
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]