機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2006年 3月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

10回目乗務 ~長旅 その1~

24日金曜日、晴れ 何でも信越線にSLが走るという情報を
前日に知り、ならばロケハンも兼ねて一般道で横川へ向か
った。藤岡~富岡を抜けて安中へ、大体この辺と目星をつ
けた。(当日は混みそうだが・・・)

今日はA5仕業を予約、平日なので「東邦亜鉛」の専用列車
8460列車の準備をしていた。担当はEF64 -1037だった。

EF64-1037
安中駅構内


そして、横川へ到着、資料館の玄関にありました。「見習機関士」
の欄に私の名札が、数えてみると現在116名、勿論なりたてなので
一番下の欄の「ウン番目」にあるわけですが、全体のプライバシー
の絡みもあるので、画素数を落として掲載しております。

名札

さて、よいよ運転開始、担当は初対面のS指導員さん。職人口調
の元国鉄マン、駆け出しの頃川越線で訓練を受け今に至ってい
るそうです。

見習ともなるといろいろ細かいことを教えていただけるのですが、
「通電試験」のときいきなり問題、「通電試験の回路構成3要素
はなんだ、言ってみろ」「・・・」試験問題風に言われると途端に頭は
真っ白、全てが吹っ飛び何をしていいかも分からなくなり、素直
に「覚えていません」と、「まず、HBのリセット」「ブロアを投入」
とそこまでは、そうだそうだと思い出だせたが、最後「4キロのブレ
ーキ」のことを理解していなかった。そこで、先生が通電したまま
ブレーキを3キロ以下まで、緩めてみると途端に電流計がゼロを示
した。つまり、ブレーキが最大で安全な状態、ブロアが動作して抵
抗器の焼損防止の状態、主回路のブレーカーであるHBが投入されて
いることで、通電試験は行えないよう回路が構成されているのだ。

なるほど。いくら本を読んで勉強したところで、触れて動かして
どうしてそうなるか考えて、初めて理解できる。机上の空論にな
らないよう思い直せる。そんな貴重な体験運転でもある。

つづく?
63乗務日誌 | 投稿者 機関士魂 09:50 | コメント(1)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
4月8、9日にSL碓氷号が走るようですね。それの試運転でしょうか。今週は「ゆとり車両」、来週は12客車で奥利根号が走ってますね。 S先生には自分も「3つの条件』聞かれた事があります。 最初の二つはこたえられたのですが・・・ でも、こういう風に聞かれるとすごく勉強になりますよね。
投稿者 しゅんはるパパ 2006/03/25 17:03
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]