機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2006年 5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

快速 奥利根号 EL編

9:04熊谷駅これから水上への旅の始まる。上野からの
担当機EF60 19号機だ、塗装の痛みの激しさがそろそ
ろ引退をほのめかす気がした。次回の全般検査を通す
のだろうか?動向が気になる。

EL奥利根1

高崎までの車内、合い席となった少年とそのお父さん、
少年はすれ違う車両に釘付けではしゃいでいた、微
笑ましい会話が続く。一人身の私は車窓を眺めなが
らつい、加速すれば今SPノッチ(直並列)ぐらいかな
とか、減速すれば、自動ブレーキ弁を減圧し始めたぞ、
しかし12系客車を6両牽く場合何キロ減圧するんだろ
う?などと、ロクサン運転体験をしている手前創造し
てしまう。

高崎駅でELの仕業は午後の上り列車まで一休み。
解結シーンは誰でも見たいもの、ギャラリーで
一杯だった。

EL奥利根2
高崎駅2番ホームはお祭り騒ぎ


EL奥利根3
退避する19号機


SL編へ続く


鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 23:33 | コメント(2)| トラックバック(1)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。

EL&SL奥利根号

2007年10月・11月の「EL&SL奥利根号」は、上野駅から高崎駅までは電気機関車(EL)EF60が牽引、そこから水上駅まで蒸気機関車(SL)D52が牽引する全席指定の快速列車だ。

ぱふぅ家のホームページ 2007/11/06 20:44
コメント
僕もやはり同じようなことをイメージしてしまいます.やはり実車を運転体験したことがある側からそうなってしまうんでしょうか?(^^);

僕も今年の春に北斗星に乗って北海道に行ったときも,EF81やDD51重連は今どのような動きをしてるのかがすごく気になりました.加速中は「あっ,今きっとS段くらいかな?」とか,減速中は「あっ,さっき1kg/c㎡減圧がかかって今追加されたな」とか思っちゃいましたねぇ.

ちなみに客車列車を牽引する場合でも,減速時における最初の1kg/c㎡減圧は基本で,1kg/c㎡減圧した後さらに追加するかどうかの決断をするそうです.ですので,北斗星も12系客車6両でも同じだと思いますよ.

ところで,12系客車6両もいいのですが,高崎車両センターに留置されている茶色の旧型客車7両で快速EL&SL奥利根号のスジで走ってほしいなぁと思ってるのですが,これは僕だけでしょうか??
投稿者 もとずぃ→ 2006/05/05 08:37
もとずぃ→さん>ELの時は想像できるけれど、SLはまた勝手が全然ちがうし、当然運転したことなどないので想像できないけれど、一生懸命投炭しながら
調圧弁とかをがしゃがしゃって映像作品しか浮かんできません。

12系客車も大分傷んでいましたし平成13年に全検してあるので、来年通すか気になるところです。高車セのアレも勿論気にしています。新性能は快適ですけど「旅情」となると旧型にはかないません。でも
何十年も経つとインバーターの音に情緒を感じる世代が出てくるのでしょうか?
投稿者 機関士魂 2006/05/05 17:01
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]