機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2006年 3月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

9回目乗務~その1~

さぁよいよ、「研修生」最後の日これを終えれば、
「機関士見習」の称号が与えられ、資料館玄関に
名札が掲げられる。自動的にそうなるシステムなのだが
いつもと気分は違いワクワクしていた。

午前中、車好きの友人から電話があり、「お前も良く行くよ!」
「でも、九州のほうから飛行機で来る人もいるから、俺なんか
ひよっこだよ。」なんて話をして過ごしていた。

毎度の如く事務所で料金を支払いにゆくと、当日の予約リスト
に 150 の数字が目についた、「ヒャクゴジュウ・・・?!」
そうその数字は何回目の体験運転を示す数字で、私が9そして前
2コマ分の予約が150回目というわけだ。

十人十色、千差万別、2ヶ月に1回ペースで約1年を掛けて9回
目、このペースで150回を達成するには約12年半掛かる計算だ。
少なくとも開園当初から月1ペースで無ければ達成し得ない。
うわさをすればなんとやらだ。

憧れの「本務機関士」の大先輩、どんな方かと制服に着替え
体験線へ行くと、連結体験する為にスタッフが手信号の準備
をしていた。

ジワジワと速度を落とし63 25号機が戻ってきた。そしてよいよ
連結だ、

連結1連結2連結3

そして、定位置に戻して降車してきたのは、私のような典型的
な”鉄”ではなく、年輩の見るからにベテラン機関士の風格を
漂わせた方だった。「どうもっ!」と挨拶を交わして、静かに
体験線を後していった。

続く。


63乗務日誌 | 投稿者 機関士魂 23:16 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]