機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2006年 5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

JRおおみや フェスタ その1 EH500

毎年恒例のこの行事、目的はD51-498の分解したところ
を見たい!

まず、お決まりのコースでJRFの車両所へ、すると案内図
に無いサプライズが!
EH500-3が全般検査で入場中なので運転室を見せてくれ
るのです。圧倒的に親子連れが多い中、一応ロクサン
乗りとして見ておく必要があるわけでと勝手な口実で慰め
つつ大人も子供も関係ない!60分待ちの列へ並んだ。

EH500-3

EH500-3ロゴ
40分経過ロゴを接写(良く見たら塗装じゃなくカッティングシートふ~ん)

EH500-3ナン
よいよキャブへ


中では本職の運転士が案内してくれた。EF200以前のカマ
に比べ中はゆとりがあり、整然としたコンソール、しかし
電車と違い機器類は豊富だ。

EH500-3キャブ

席に座りながら運転士さんに聞いてみた。ブレーキは電気指令
式でノッチになっている。ロクサンなどは五感で操縦するが
これはレバー操作に慣れれば簡単だが弁操作とは違う。技能
よりもどこでどのノッチに持ってくかを覚えれば何もしなく
ていいので逆におもしろく無いという意見もあるそうだ。
また、人間工学を取り入れた配置なのでレバー類に触れてみ
ると、ロクサンでは多少腸ねん転を起こしそうな姿勢になる
事もあるが、そんなことも無さそうに感じた。

できることなら安全な側線で運転してみたいのが人情
いづれこのカマもお役御免の時期が来るそんなとき、
運転体験施設が出来るかどうか?何十年も先の話だろう。

つづく。






鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 23:38 | コメント(3) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]