機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2006年 7月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

駅務実習の季節

私の母校 昭和鉄道 では、2年の夏休みを利用して
駅務(えきむ)実習がある。

関西では自動改札機が整備されていたが、首都圏では
準備段階で、駅員が改札を行っていた。

上野の岩倉高校はJR、昭鉄は私鉄という暗黙の割り
振りがあり、私は旧営団地下鉄の渋谷駅に配置された。

朝9時から17時まで職員の指導の元主に改札業務を体験
した。

何の訓練も受けていない、高校生がいきなりオフピーク
とはいえ、自分の目で乗車券の確認を行いつつ、簡単な
乗り換え列車案内をするのだから、当然乗客に迷惑を
けて、厳しい指導を受けることもあり、休憩を取りなが
ら詰所でヘコんでいるところ冷たい職員特製麦茶をを頂
きながら、一人前の駅員になる厳しさを実感したものだ。

その傍ら、食当(食事当番)が旨そうな魚料理をこしらえ
てた、これから当直勤務にあたる人の為の夜食の準備
だ、料理に自信のある職員は一人300円ぐらいの予算で
腕を振るう。自信の無い職員は、そうめんやうどんなど
簡単なものとなるらしい。

気分転換に、利用客の少ない連絡改札で、切符に鋏を入れ
る体験をさえてもらった。当時営団では原則入鋏省略だが
特別に改札鋏で”切符切り”体験をさせて貰った。鋏は握
るのでは無く親指と人差し指で摘まみながら残りの指で柄
を薬指から小指をで弾くのがコツと教わった。そうこうし
いるうちに、神宮球場へナイター観戦する乗客が増えて行
き、「ヨシ交替と」ベテランの鋏捌きに任せ、私は先を急
ぐ乗客も「ゆっくりお進みください」と整理役徹する。

その他、駅のあらゆる施設見学を済ませ、1週間に及ぶ実
習はその日ごとに簡単な日誌代わりのレーポートを、駅長
に提出し、評価して貰い学校へ提出して、1単位取得するこ
となる。

3年になり就職活動では営団を志望しなかった、その最大
の理由は「地下での閉鎖的な空間で勤務は例え運転士にな
っても、変わらないし耐えられないだろう」と、その時そ
う思っていたし、特急など優等列車を運転したかった」景
気が低迷し始め求人が減り始めているにもかかわら拘って
いたのだ。今思えば青かった。十代の考えることだから仕
方ないけれど。

結果的には直接 鉄道高校で学んだこと全てが裏目に出て
現在は鉄道は趣味、仕事は生活手段と別業界を生業として
いる。それが一番楽しいという結果になった。

鉄道業界を目指している若い(高校生や20代)方はこの顛末
は忘れて、つっぱしてみるのが一番だと思う。



鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 22:57 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]