機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2006年 9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

15回目乗務 その2

エンド交換して、発車の前に「シリース(直列)で停止やったか?」
と聞かれ(たぶん)やってないと思い、手ほどきを受けた。

まずは、HB(高速度遮断機)オフ状態で、ノッチ操作の練習、
S段から一気に1ノッチまで戻し1回溜めてノッチオフする。
間髪いれずに自弁で1キロのブレーキ。

ここまでが勾配途中で停止の扱い。今度は1・2・3ノッチ
と投入して、自弁を緩めシリンダー圧が0を差したら4ノッ
チこれで再発進する。

「これがいわゆる坂道発進だ」とSさん

登りながら架線柱3本目を目標に、Sさんの操り人形状態で感
覚を掴む。「よ~し10の勾配標があるだろう、そこに停めて
みろ」と指示を受けながら、今度は自分でやってみる。
「ノッチオフ!、ブレーキ」
「30センチオーバーだな」

と先生のタイミングでやると、センチ単位の誤差でおさまるの
だが折返し点で、自分のタイミングでやってみたら。
「1メートルオバーだな」と言われた。

気を取り直しおて、降り坂の単弁練習 「1~2~3~掃い」
「掃い過ぎだよ、3回目でグッと込めて、ちょと掃えばいいん
だよ。」

最近、ロクサン機関士仲間が増え、「ブレーキ(特に単弁)だ
けは永遠のテーマだと」口々に言う。とりあえずカックンブレ
ーキでもいいから目標にピッタリ停められる様になりたい。

15回目4

パンタを下げて、そうだ、62を押し上げてた頃の話を聞こうと
思ったら「あらぁ~Sさん、まだ働いてたの」と側道から、キ
ャブの中に響く大きな声で、Sさんと同年代の女性が割り込ん
できた。まるで面と向かって会話しているぐらいだった、どう
やらSさんの知り合いらしい。

長い機関士人生を終えて、それでもロクサンと関わる。
なんだかまた「文化むら」の魅力を発見したような気がする。
終始Sさんはモテモテの状態で、ロクサン体験運転は閉園した。





63乗務日誌 | 投稿者 機関士魂 20:07 | コメント(4) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]