機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2006年 11月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

秩父鉄道デキ1の機器類

保存機を見ると、どういう機器で構成されているのか
気になる。

熊谷市内で保存されている 秩父鉄道 デキ1 もその
一つだった。県民の日にC58を撮影したついでに、例の鉄
道公園で見学してきた。

デキ1-2

まずは運転台、むき出しの計器類が特徴的だ、マスコン
ハンドルは縦方向に前後するレーバーだ。
実際腰掛けに座って動かしてみると、前かがみなってラ
ッチを握らないといけないので運転しずらかっただろう。


モーターに電力を供給する主回路廻りは、現役のものと
あまり変わらない。単位スイッチの数も少なく、加速時
のグイグイと急に加速したのだろう。

デキ1-1

電気機関車の制御は牽く列車の重量に応じて、モーターを
滑らかに回転させることが課題だ、モーターが消費する電
力刻々と読み取って、抵抗を切り替える制御回路がまだ開
発されていない時代は、人間の経験と勘で動かしていた。

私の運転するロクサンはかなり自動化されているので、
誰でも動かすことが出来るが、デキ1クラスだとひょん
な事で、ハイビーを飛ばしたり、モーターや抵抗を焼いて
しまったりする可能性がある。機関士が電車運転士より
一目おかれるのはそういう理由だ。


鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 19:18 | コメント(2) | トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]