機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2007年 7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

乗務23回目

機関士仲間の間で話題になっている11号機に
ついに乗ってきました。

基本的に設計仕様は同じロクサンですが、無
骨で一味違う三菱製と思ってしまうと、何だ
か製造年の違い以外に何か一味違うような気
がします。

11プレート

気温34℃、恒例の貫通扉全開で運転を開始し
ます。11号機体験済みの方が話していた通り
ATSのベルの音から制御機の進段する音、そ
してブロア音が24.5号機とは違い新鮮でした。
しかし、機器の配置は同じなのでやっと体も
覚えて来たところでテキパキと運行前点検を
終えて発車します。

11号機1エンド

ポイントを超えて曲線の勾配に差し掛かると
シャキーンとフランジが当りキャブに響いて
きたのに思わず感動してしまいました。

とにかく暑いので、何かしないと気が紛れな
いのでノッチオフ停車を練習してみます。
今まで散々少し後退してブレーキが掛かるの
で自分なりにタイミングをずらす気持ちで、
やってみたら、今回は後退すること無く停ま
れました。その感覚が折り返しの停止目標で
活きたのか?指導さんから「ドンピシャだよ」
と褒めていただきました。

そして、下り坂の単弁練習、単独ブレーキは
機関車ごとに、またその時のその時で違うと
よく言われます。正直初めての11号機なので
どんな具合か全く見当が付かないので、一発
目手探状態で不安でした。しかし、少し多め
に掛けて緩めれば上手く行きそうな感じだっ
たので2回目は架線柱にピッタリあわせるこ
とができ、そのままの感覚でお立ち台もドン
ピシャで合せることができました。

11号機キャブ床

今回は調子も良く満足の行く運転でした。こ
の何ともいえな充実感を味わう為ここへ来て
いるのです。しかし一番気快適なのは春・秋
なのは言うまでもありません。とにかく暑か
った・・・




63乗務日誌 | 投稿者 機関士魂 22:39 | コメント(0)| トラックバック(0)

武蔵野線で過ごす。

気軽にカマのを撮りたいとなると、武蔵野線
の西浦和は欠かせません。

日曜日にしては大分濃い運用なので、いつも
より多めの感じでした。

この調子だと1059+DE10を狙える場所も限ら
れてくるので、おとなしく東所沢で妥協しま
した。

しかし、曇り時々晴れの光線に悩まされなが
も上がった作品は大分補正をかけています。

来月まで青空は期待できそうにありませんが
そろそろ”夏!”が恋しい休日でした。

EF651079b
EF65-1079


EF6420
EF64-20


EF651059DE10
EF65-1059+DE10


'07.07.22 西浦和・東所沢





鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 18:23 | コメント(0)| トラックバック(0)

朝の三兄弟との格闘

台風一過の晴天のつもりが、どんよりとした
空模様。

夏至前後「朝の三兄弟」を狙ってみました。
しかし、光線が物凄くシビアです。

F4~のレンズでやるのも無謀かとも最近思う
のですが、先立つものが無いのでカメラと
格闘するしかありません。

風景モードでのシャッタースピードと絞りを
参考にして値さぐり後は出たとこ勝負、刻々
と変わる光線に悩まされた結果がこの作品

716能登

716北陸

716あけぼの

ここで思うようにいっちゃうと逆につまらな
いのかも知れませんね。

'07.07.16 撮影 熊谷‐籠原

鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 17:12 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]