機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2007年 10月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

乗務25回目

朝晩すっかり冷え込む季節、午前一番目の運転です。

ブレーキテストの段階で、ブレーキシリンダーの
圧が思う様に上らず。覚悟して運転整備を進めて
ゆきました。

指導さんが今日は群馬県民の日だと教えてください
ました。文化むらも入場料が割引だそうです。体験
運転者は証明書でパスなので気が付きません、しかし
体験運転料金は通常通り4000円支払いました。

さて、エンド交換をしてスイッチ整備を終え空ノッチ
を入れると、いつもなら制御機のカムが
「カシャン・カシャン」と音がするのですがキャブ内
に静寂が響きます。

指導さんが考えられる原因を片っ端から質問して
、ATSは切り替えた。1エンドのスイッチは前部
OFFにした。しかし、よくよく計器盤の「HB遮断」
の表示を見ると点等していません。
その時ハッと思い出しました。「通電試験をした時
切るのを忘れた!」と機関士仲間の間では、良くあ
るミスの範疇なのですが、ついに自分も初体験とな
りました。

やっとの思いで運転整備を終えて出発です。先日
”鉄博”で211系のシュミレーターを体験してきま
したが、やはり窓越し続くレールその先の碓氷峠
をジワジワと進む醍醐味は比べ物になりません。
またブレーキングもしかりです。季節の変わり目
でブレーキのレスポンスも変わることを実感して
運転終了です。

25EF6311


実は、文化むらに通い始めてまだ一回もメガネ橋
まで歩いたことがありません。指導さんに色々
と見所を教えて貰い、次の体験運転を横目にしな
がら進むこと1時間、トンネルを抜けメガネ橋から
旧信越本線を眺めると、紅葉の大パノラマが広が
っていました。こんなに雄大な風景をロクサンが
往来していたと考えると、ロクサンの魅力をまだ
まだ実感してないんだろうと思います。

メガネ橋












63乗務日誌 | 投稿者 機関士魂 20:46 | コメント(0)| トラックバック(0)

鉄道博物館へⅢ

ブレーキハンドルの操作に誰もが憧れ
を持つと思います。

私もロクサン体験運転で散々ブレーキ
の事を語っていますが、その仕組みは
どうなっているのか?いざ説明しよう
としても難しくなってしまいます。

鉄道博物館では、その仕組みを解りや
すく解説した模型が展示してありまし
た。ブレーキハンドルを操作して体験
出来る優れものです。ガイドさんが解
りやすく解説もしてくれます。

ブレーキ模型

本職さんは嫌でもみっちり勉強すること
ですが、興味を持ったら知って欲しいと
個人的におもいます。

ブレーキのことを知りたかったら、”鉄博”
に行くといいものがあるよとこれからは言
えますね。
鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 22:14 | コメント(0)| トラックバック(0)

鉄道博物館へⅡ

私の中で一番見たかった車両はEF66 です。
まだ現役で活躍していますが、至近距離で
じっくり観察出来るのが博物館の醍醐味で
もあります。

EF6611

ロクサン体験運転をしていると気になるの
運転台残念ながら中には入れませんでした
が、初めて原型の運転台を見れた方も多い
はずです。どうなるかわかりませんが落ち
着いてから、イベント的に開放していただ
けるとありがたい。

EF6611キャブ

なんと言っても、国鉄時代最高出力を誇っ
ていたこと、箱型でなく流線型の車体に魅
力を感じる方が大半ではないでしょうか?
博物館に展示に選定された位魅力的なので
す。





鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 20:35 | コメント(0)| トラックバック(0)

鉄道博物館へⅠ

とりあえず一発目ということで、立ち読み気分で
ザッと楽しんできました。

tp1

tp2

とにかく広く夢中になると程よく疲れます。
展示物が多いので何から書いていいのか悩むところ
ですが、ピンポイントで綴って行こうと思います。


鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 16:51 | コメント(1)| トラックバック(0)

関東鉄道~元キハ30を求めてⅡ~

22年ぶりの再会、
この首都圏色のDCが私の”テツ”の原点

キハ101a

この車両に乗ってデパートに行きチーズ
バーガーを食べたり、買って貰えなかった
Nゲージを見に行くのが楽しみだった。

昨日は丁度地元の”川越まつり”
露店の金魚や、ハズレくじの景品を手にし
て、何時に無く混雑した車内の空気が心地
よかったりした。

キハ101b

今回は撮影オンリーで車で現地入ですが
、乗車せずには居られません。

'07.10.21撮影 下妻ー大宝





鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 18:24 | コメント(0)| トラックバック(0)

関東鉄道~元キハ30を求めて~

秩父鉄道の元101系の様に固定運用は無いと、
思い込んだまま。元キハ30を撮りに関東鉄道へ
出かけてしまいました。

駅舎のシルエットと程よい緑でお気に入り
ポイント新守谷で待って待ってひたすら待
っても来るはずがありません。

関鉄のオフィシャルサイトにスジが載って
いたのに気付いたのが今日の話。

キハ350
守谷‐新守谷


キハ3518
水海道車両基地


しかし、タラコ色は逃したものの原色とも
言えるツートンカラーと、留置されている
話題の偽京浜東北が撮れたので、もう1回
来る楽しみが増えたことにしておきます。

'07.10.07 撮影






鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 15:58 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]