機関士魂 「碓氷峠鉄道文化むら」でロクサンを運転する程鉄道好きな男の記録 

<<  2007年 12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事
E形SL E10
04/14 23:46
花盛り
04/13 22:15
春の貨物線
04/09 18:09
今年も挑戦します。
04/03 11:06
だいじょうぶ!
03/26 14:16
最近のコメント
ついに49回目達成で…
YUUMIN 02/26 13:11
第一関門の単推で苦戦…
機関士魂 02/24 21:50
今回整備されて暫くは…
たあぼう 02/24 20:31
ぽっぽさん こんばん…
機関士魂 02/23 18:40
輸送を目撃なんて、ナ…
ぽっぽ 02/22 23:01
最近のトラックバック
東京都交通局 E50…
09/02 23:10
EL&SL奥利根号
11/06 20:44
東京都交通局E500…
11/02 22:05
横軽よ、再び!
08/30 09:41

乗務26回目

今年の締めくくりの体験運転です。講習を受けてから
3年がすぎましたが、お客さんが少なく寒い文化むら
に来ると年の終わりを実感します。

資料館の入り口のドアをくぐると、少し模様替えして
ありました。一番目についたのは本職さんがロクサン
の機器動作を勉強する為のパネルです。何ノッチでど
う回路が構成されるかこれを使って結線図を色鉛筆で
なぞりながら多くの機関士さんが巣立って行ったので
しょう。

63機器動作

事務室も少しリニューアル、専用のカウンターが用意
されていて代金の支払いが、実際の点呼の雰囲気を味
わえる様になりました。なかなか憎い演出です。

外気温3℃ブレーキのレスポンスが鈍くなるのを覚悟
して、ロクサンへ乗り込みます。今までは手順をなぞ
るようにこなしていたブレーキテストも、今日はどの
位の感度なのか?探りながら運転の参考にしてゆきま
す。

EF 63242end

ここで想像した感覚がそのまま運転に反映されるか?
と云えばそこはまだまだ見習い、ロクサンを手中にす
るにはまだまだ経験不足で、控え目な性格がそのまま
ブレーキに反映されてしまいます。かといって勢いを
つけると停止目標を過ぎてまう。この課題にズブズブ
と嵌って懲りずに次こそは!となってしまうのです。

あさま

運転を終え、来年もお願いしますという思いで、指導
さんに挨拶をして締めくくりました。
最後にピカピカになった「あさま」を観賞して横川を
後にしました。


'07.12.28撮影
63乗務日誌 | 投稿者 機関士魂 17:59 | コメント(0)| トラックバック(0)

リバイバル ひばり

子供のときはただ単純に青のラインだから
好きな車両でした。
今でも青いからっていう部分もあります。
三つ子の魂百までですから。

583 ひばり
東大宮ー蓮田


中学時代いわゆる「食パン」に改造された
のに乗った時に「天井の高い普通列車」
という違和感を思い出します。

しかし、583は屋根の高さが、独特の迫力
と味がでるのだと思います。

こと鉄道に関しては、”品のある厳つさ”も
重要なポイントだと思います。クルマに例える
と”エルグランド”といったところでしょう。

'07.12.15 撮影


鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 18:21 | コメント(0)| トラックバック(0)

2051レ


大宮駅10番線通過予定時刻を過ぎて、太陽がちょうど
良い具合に、ド逆光なった時に通過です。

EF65 535 a


いくら用意周到にしていも、”運”がものをいう場合も
この世界にはあることを実感しました。

理想的なフレアがに出れば儲けもんですが中途半端な
感じで撃沈です。

しかし、次こそは・・・と535沼にズブズブとハマって
行くのでした。
鉄分日誌 | 投稿者 機関士魂 17:32 | コメント(0)| トラックバック(0)
ホビダス[趣味の総合サイト]